SECURITY セキュリティ

ダブルオートロックシステム

ダブルオートロックシステムの概念図
一般のマンションに比べ不審者の侵入対策を強化し、主な来訪者のアプローチ上の2ヶ所にオートロックシステムが採用されています。セントラルゲート、クレセントゲートにいる来訪者を住戸内のカラーモニター付インターホンで音声と映像で確認した後にオートロックを解錠。さらに風除室でも同様に二段階でチェックできる安心のセキュリティシステムです。また、留守の時の来訪者も確認できる録音機能も付いています。

S-GUARD(エスガード)

S-GUARDのイメージ画像
24時間オンライン体制で、警備会社の指令センターにつながっています。各住戸でのガス漏れ、非常ボタン、防犯センサーおよび各住戸、共用部での火災による警報が発信されると、警備員が現場に急行し、必要な警報などの対応がなされます。また、共用部設備の異常信号を受信した場合にも警備員が速やかに現地確認し、迅速かつ適切な対処が可能となっています。

24時間有人管理

24時間有人管理のイメージ画像
専門の訓練を受けたスタッフが24時間マンション内の防災センターを拠点とし、日々の暮らしを見守っています。また、共用設備、防災設備などを一括して管理しています。
※管理内容は変更となる場合があります。また、勤務時間は休憩時間等を含みます。

防犯カメラ

防犯カメラのイメージ画像
『ザ・天王寺レジデンス』では、共用部の複数箇所に防犯カメラが設置されています。不審者の侵入や犯罪を抑制するとともに、24時間録画される画像は、一定期間保管されています。

防犯合わせガラス

防犯合わせガラスの概念図
一部住戸の窓には、防犯合わせガラスが使用されています。2枚のガラスの間に挟まれた特殊中間膜(フィルム)がガラス破りによる侵入防止に効果を発揮します。また、ガラスの飛散や落下の危険性も少ないので安全性にも優れています。

プログレッシブシリンダーキー

プログレッシブシリンダーキーの概念図
住戸の玄関キーは、ピッキングなどの不正解錠への対応を強化したリバーシブルタイプのプログレッシブシリンダーキーが採用されています。

ダブルロック

ザ・天王寺レジデンスのダブルロック
防犯性を高めるため、玄関ドアは上下2ヶ所で施錠できるダブルロック仕様です。不正に解錠しようとしても時間がかかるため、犯罪の未遂率が高められます。

防犯サムターン

ザ・天王寺レジデンスの防犯サムターン
工具をドアの内側に入れサムターンを回してしまう不正解錠に対応したスイッチ式防犯サムターンが採用されています。(上部1ヶ所)

防犯センサー

ザ・天王寺レジデンスの防犯センサー
玄関ドア、接地階住戸の窓には防犯センサーが設置されています。防犯セットしている間に防犯センサーが設置された開口部が開けられると、センサーが反応して、住戸内インターホン親機と玄関子機にて警報が鳴り警備会社へ異常信号が発信されます。
※一部住戸の北面窓、西面のサービスバルコニーの窓を除く。
※可動ルーバー面格子の付く窓・FIX窓を除く。

鎌デッドボルト

ザ・天王寺レジデンスの鎌デッドボルト
枠と扉の間にバールなどを差し込んで解錠する、こじ開けの手口への対策として、玄関ドアのカギを施錠すると鎌状の金具がせりだす鎌デッドボルトが採用されています。

ドアガード

ザ・天王寺レジデンスのドアガード
玄関ドアには、ドアガードが設置されています。ペンチなどで切断される恐れが少なく、不正侵入から住まいをガードします。

ドアスコープ(メガネカバー付)

ザ・天王寺レジデンスのドアスコープ
ドアの前にいる人を目視できるドアスコープが設けられていて、外部からの在室確認が出来ないようにメガネカバーが設置されています。

※掲載している情報は、分譲当時のパンフレットを基に作成しております。また、当サイト制作時に作成、撮影(イメージ写真含む)したものも含まれており、現況と異なる場合があります。
※当ページはマンションの紹介を目的とするもので、販売・賃貸募集の物件広告とは異なります。販売中・賃貸募集中の物件詳細につきましては、各物件ページをご確認ください。
※管理員・警備員・コンシェルジュの勤務時間には休憩時間を含みます。